看護師とのエッチな体験談

出会い系で知り合った看護師の女性との寝取りセックス体験談を説明します。

昔、二年付き合っていた彼女と別れてから暇な生活を送っていた時に
出会い系アプリで二つ上の看護師と出会った。
正直な話、顔はあまりタイプではありませんでしたが
彼氏と夜の営みが上手くいっていないという相談だけされてカフェでまったりしながら
その日は終わりました。
また別の日もその女性と会う事になり
その時も彼氏の話になり、彼氏のペニスは細く小さく、挿入時間も長くて5分という。
それでも、たまにセックスでイク事はあったというが
決して満足のいくセックスとは言えなかったそうです。
そんな話を聞いているうちに、看護師の彼氏にはセックスで勝てる自信はありましたし
あわよくば、寝取りプランまで考えていました。
そして事は進み、女性が住んでいる自宅に招待されました。
しかし、そこは病院の女性専用のマンション。
この時点でこのマンションには女性しかいないという高揚感に襲われ
興奮しきっていました。
エレベーターを使って誰にも会わないように部屋に着き
ひと段落した時に
看「コーヒーでも飲む?」
僕「飲みます」
広くて綺麗な部屋に完全にくつろいでしまっていた僕は
隙を見ては看護師の体をまんべんなくチェックしていました。
そして、会話はもちろん彼氏の話題に…
看「最近いつも彼ばっかり気持ち良くなって、私は全く気持ち良くない!」
僕「でも、イッちゃうんでしょ?」
看「そうだけど…」
僕「僕ならデカいし気持ち良くさせる事も出来るけどなぁ…笑」
看「そういう人なら良いんだけど…」
僕「じゃあ、試してみる?」
こんな会話をしているうちに僕は看護師の手を取って股間に手を置きました。
看「おっきい…」
看護師曰く、今まで経験した男性の中でもトップを競う大きさだそう。
この言葉に完全に気分が上がり、押せばイケる状態になった時に抑えきれずに押し倒した。
僕「こんな気持ち良いセックスもあるんだよって教えてあげる」
看「でも…彼氏に悪いし…」
この看護師の言葉が演技に感じた僕はキスをして生で胸を揉みました。
すると看護師は兇変し
看「ねぇ、舐めさせて…」と言いながらパンツを脱がされ
看「スッゴイおっきい…彼氏とは別物!」
普段はない雰囲気に興奮した僕は前戯などどうでもよくなり
いきなりセックスを始めました。
看「オマンコ…気持ち良い…もっと突いて…」
僕「少しづつ激しくしてやるよ…」
看「あん…あん…あ…」
徐々に大きくなってくる喘ぎ声に興奮した僕は
僕「ピル持ってないの?せっかくだし中に出したい!」
看「今日は安全日だから、中出しでいいよ。」
僕「あ…イク…出すよ!!」
そのまま大量に中出ししてしまいました。
この日は泊まり、朝もセックスをして中出しをして
この日を境に週に数回会ってセックスをする関係になりました。

メニュー