ソフトSMを始めたいカップルへ

誰でも簡単に行えるSMプレイ。そんなSMプレイの魅力をお伝えしますので参考にしてください。

SMは、アダルト動画から風俗店、さらには一般のカップルの間でも人気のプレイといえるでしょう。 そんなSMは広く知られている通り、サドとマゾに分かれて、お互いが性癖を満たせるような少々過激なプレイを楽しむジャンルです。 このサドとマゾの頭文字をそれぞれとったものが、SMです。 本格的なものとなれば、技術や道具など、様々なものも必要となりますが、そこまで本気度を求めないのであれば、初心者やハードプレイが苦手な人でも気軽に挑戦できます。 そして、SMの中でも特にライトなものが、ソフトSMと呼ばれています。 知識がない、本格的なものは少し怖いと感じているカップルであっても、気兼ねなくハマれることでしょう。
【ソフトとハードの違う点】
前述で触れている通り、本格的なSMでは技術や道具などが欠かせません。 その点、ソフトSMであればちょっとした気持ちの持ちようだけで楽しめます。 SとMといえば、少し専門性も感じられるかもしれませんが、これらはいわば責める側と責められる側です。 つまり、攻めと受け身という役割分担さえできれば、道具すら使わずに特有の雰囲気を楽しめてしまいます。 これもまた、ソフトSMといって問題ないでしょう。 そしてさらに盛り上げたいのであれば、身の回りにある簡単な道具を代用してることもおすすめです。 たとえば、ネクタイで目隠しをしてみたり、簡単な紐などで軽く拘束してみたり、また焦らしプレイを多用するのも良いでしょう。 とにかく、気分さえ盛り上がればそれで問題ないわけですから、アダルトショップで売られているような専門的な道具がなくても、あらゆるもので代用は可能です。 いろいろ工夫して、普段のエッチをアレンジしてみてはいかがでしょう。
【ソフトSMを楽しむ上での大事なポイント】
本格的なSMとなると、セックスすら行わない場合もあります。 セックスはお互いを満足させるための快楽に繋がるので、それをしない事もまた、責めと責められに通ずるというわけです。 相手を肉体的にも精神的にも責め上げる、これこそがSMプレイなのです。 ですが、ソフトSMはあくまでセックスの一環です。 お互いが愛し合うためのひとつの形でしかないので、責める責められる以上に、やはり相手の気持ちも考えながらの愛あるプレイが欠かせません。 同じ愛あるセックスに、少々スパイスを加えた関係性、それこそが、ソフトSMなのです。 相手の気持ちを考える、お互いの快楽、愛情確認が目的である、そんな部分を忘れないように実践してみてください。 マンネリ気味の関係も、一気に解消できるかもしれません。

メニュー